チャイナハウスすけろく ― 助六食品工業株式会社 ―

チャイナハウスすけろく

沿革

昭和20年(1945)
満州国新京市(現在の吉林省長春市)にて創業者・高野 肇が、餃子製造法を教わる
昭和22年(1947)
帰国
昭和23年(1948)
屋台店『助六』にて餃子、唐揚げ、焼鳥等の商売を始める
昭和25年(1950)
松山市三番町にて餃子専門店『助六餃子老舗』
以後 道後店、花園町店、本町店、北条店、末広町店、上一万店を開業
昭和33年(1958)
『助六の餃子 勝山店』開店
昭和35年(1960)
唐人町(現在の三番町)にて『助六の餃子総本店』出店、本格円卓料理を始める
昭和40年(1965)
『助六の餃子総本店』跡に高級円卓料理『助六賓宴桜』出店
昭和55年(1980)
郊外型中華ファミリーレストラン1号店の『チャイナハウスすけろく吉藤店』開店
昭和56年(1981)
『チャイナハウスすけろく余戸店』開店
昭和58年(1983)
『チャイナハウスすけろく中央通店』開店
『チャイナハウスすけろく久米店』開店(現在閉店)
昭和61年(1986)
『チャイナハウスすけろく新居浜星原店』開店
昭和63年(1988)
『チャイナハウスすけろく東石井店』開店
平成2年(1990)
『チャイナハウスすけろく高松空港通り店』開店(現在閉店)
平成4年(1992)
『チャイナハウスすけろく高松上福岡店』開店
平成6年(1994)
余戸店、勝山店をラーメン店に変更し、『元気いちばん亭余戸店』『元気いちばん亭勝山店』開店(勝山店は現在閉店)
平成13年(2001)
タンタン麺専門店『タンタン麺 紅麺松山インター店』開店
平成15年(2003)
『タンタン麺 紅麺 中央市場前店』開店(現在閉店)
平成21年(2009)
『チャイナハウスすけろく11号平井店』開店
すけろく本部、平井町に移転
平成22年(2010)
創業60周年
平成24年(2012)
『チャイナハウスすけろく束本店』開店
平成25年(2013)
『チャイナハウスすけろく小栗店』開店

会社案内

  • 会社概要
  • 沿革
  • 社長あいさつ
  • 社員旅行
  • 社内研修
  • 中国人厨師面接採用